会員の方々へ 〜お知らせ〜



公開シンポジウム
「亜熱帯の島々のカメたちは生き残れるのか?
:沖縄・台湾における爬虫類の密猟・密輸の現状と影響」

本シンポジウムは、カメ類を中心とした琉球列島や台湾の希少動物に関する密猟・密輸出の実態、当該地域の自然に与える影響、現在行われている対策などについて広く知っていただくことを目的としています。また、講演の合間にはNTTドコモが開発した"希少種判別アプリ"の実演も行われる予定です。多数のご参加をお待ちしています。

 開催日時:2019年6月22日(土) 13:00 -16:00(12:30受付開始)
 場所:沖縄県立図書館 3階ホール
 その他:先着100名/入場無料/事前申込不要


<プログラム>公開シンポジウム「亜熱帯の島々のカメたちは生き残れるのか?:沖縄・台湾における爬虫類の密猟・密輸の現状と影響」
「琉球の陸の動物たちの歴史」
太田 英利(兵庫県立大学自然環境科学研究所/兵庫県立人と自然の博物館)

「Tragedy of the freshwater turtles in Taiwan: Poaching, trafficking and unclear policies」
陳 添喜 (台湾國立屏東科技大學)
*本講演には日本語通訳がつきます。

「沖縄奄美地域における密猟・密輸出の現状と対策」
東岡 礼治(環境省沖縄奄美自然環境事務所)



<問い合わせ先>
琉球大学理学部海洋自然科学科生物系
伊澤雅子(izawa@sci.u-ryukyu.ac.jp)・傳田哲郎(denda@sci.u-ryukyu.ac.jp
TEL. 098-895-8577(生物系事務室)FAX. 098-895-8576(生物系事務室)

詳細リーフレットはこちら → PDF

 

← TOPへ戻る