活動

(3) 池原貞雄記念賞

「池原貞雄記念賞」は、沖縄生物学会の発展と沖縄の野生生物の基礎研究と保全、人材育成に多大な貢献をされた故池原貞雄初代会長を記念して、沖縄の生物研究・教育・環境保護の各分野で活躍している会員または団体、あるいは将来の成果が期待される若手会員に対して授与される賞です。2015年から研究奨励部門、教育功労部門、環境保護部門の3つの部門を設けています。受賞者は会員から推薦された候補者の中から選考され、学会で表彰されます。

-------

池原貞雄記念賞歴代受賞者

第9回(2018年) 環境保護部門 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 [受賞理由]

第8回(2017年) 該当者なし

第7回(2016年) 該当者なし

第6回(2015年)
  研究奨励部門 中西 希(琉球大学理学部)
  「イリオモテヤマネコの長期生態研究」 [受賞理由 ]
  研究功労部門 沖縄生物教育研究会 [受賞理由 ]

第5回(2014年) 該当者なし

第4回(2013年)
  中村 剛(台湾中央研究院生物多様性センター)
  「琉球,台湾,フィリピンの植物地理」 [受賞理由 ]

第3回(2012年)
  藤田喜久(琉大・大学教育センター/NPO法人海の自然史研究所)
  「沖縄での生物多様性研究と研究成果の地域への還元」 [受賞理由 ]
  小倉 剛(琉球大学農学部)
  「沖縄島におけるマングースの効果的防除対策に関する基礎研究」 [受賞理由 ]

第2回(2011年)
  小高信彦(森林総研・九州支所)
  「ノグチゲラと暮らせる森づくりに向けて」 [受賞理由 ]

第1回(2010年)
  佐々木健志(琉球大学資料館)
  「沖縄の絶滅に瀕した昆虫類の現状と同じく絶滅に瀕した藁算について」 [受賞理由 ]

------

●池原貞雄記念賞・規約 PDF

●池原貞雄記念賞・推薦書 PDF word

 

 


※ PDFファイルを閲覧するためには、Acrobat Readerが必要となります。